はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )
  • こんばんは〜、はじめまして、はんごんたんさん。プロフィール欄がないので、いったいあなたが、どういう方なのかわかりません。 ぼくは、1948年生まれで、4年間、富山大学の薬学部に在籍していました。その間、薬学部の山岳同好会に在籍もしていました。いまも藪山登りをしていて、 3,4年前まで山中に限って、たまに心臓に異常をきたしていました。偶然、この楽しいブログに出会いました。内容もさることながら、文章もしっかりしていて、すばらしいブログだと思い、ここに投稿させていただきました。 ( float cloud - 2016.05.13 20:53 )
  • 337さんいつもどうも。歳をとるにつれて、自分の山も変わってきました。のんびり歩いていると、今まで見えなかったものが、見えてきたりします。楽しみが増えたように思います。 ( panawang - 2015.06.17 05:28 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山の本 : 「邂逅の森」 熊谷達也 著 ★★★★★ 文藝春秋
投稿者: hangontan 投稿日時: 2015-2-22 18:51:54 (289 ヒット)

怒涛の一気読み5時間。熊谷達也ここにあり。

先に読んだ「相剋の森」とほぼ同時期に連載初出されている。方や地方日刊紙、方や文藝誌。しかも主題が絡み合っている。だが完成度、読み応えには雲泥の差がある。何で筆圧にこんなに差があるのか不思議でたまらない。

主題が絡んでいるというのは、「相剋の森」で登場した熊田集落のマタギと女性ライター双方共通のルーツがここに描かれているからだ。「漂白の牙」で重要な役割を果たした村田式銃や、短編集で「山背郷」の題材とされた越中富山の薬売りも脇役に登場して、「ウエンカムイの爪」以来のマタギ作品の集大成ともいえる。

熊谷達也得意の「狩り」の場面はこれまで最強の出来、主人公の織りなす人間模様も今までの作品とは一味違う。

さて、物語としてリンクしている三つの作品、時代背景的には古い順に、「邂逅の森」「ウエンカムイの爪」「相剋の森」となる。が、たまたま偶然なのだが、自分が読んだ順に読んでいくのが、驚きや気付きもあって、よいように思う。つまり、「相剋の森」「ウエンカムイの爪」「邂逅の森」とう順。

「邂逅の森」はその評判通り読み応え十分の作品だった。これで熊谷達也とはしばらくおさらばしようと思う。

印刷用ページ このニュースを友達に送る