はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山旅 : かみさんと中山 2015/5/3
投稿者: hangontan 投稿日時: 2015-5-7 6:28:22 (330 ヒット)















今年の馬場島は雪が少し多め。キャンパーで賑わう芝生の上にも雪が残っている。

今日は東小糸谷から中山を目指した。ここに来るのは22年ぶりだとかみさんは言う。東小糸谷に入ってすぐ、谷の水がものすごい勢いで流れ落ちている。小さな沢なのだが、慣れない者なら渡るのをちょっと躊躇するほど。かみさんは二の足を踏んでいる。その場はなんとか越すには越せたが、その先がまた大変そう。右手は急だが雪が付いている。アイゼンを着けて、そこから行くことにした。

悪場は入口付近だけで、あとは雪に乗ってしまうと快適な斜面がコルへと広がっていた。芽吹き始めたばかりの灌木の鮮やかな緑が目に飛び込んでくる。振り返れば北方稜線が圧倒的な迫力をもって屏風のように聳え立っている。この場所はその両者の対比が楽しめる第一級のルートだ。

最後の明るい斜面を登りきると頂上はすぐそこ。楽しい雪面歩きもあっという間に終わってしまった。なんだか物足りない気もする。かみさんの体調も良かったので、クズバに挑戦してもよかったかもしれない。

下りは一般道の尾根を行く。下部はほとんど雪が融け、夏道があらわになっていた。登山口に立つサクラの木が倒れている。だが、倒れた幹からも満開の花を咲かせていた。

登り:2時間10分 下り:1時間50分 車止めまで20分

印刷用ページ このニュースを友達に送る