はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山旅 : 大熊山 2015/10/26
投稿者: hangontan 投稿日時: 2015-10-30 18:08:40 (220 ヒット)









大熊山は昨年の11月4日以来。あのときも快晴だった。今日も降水確率ゼロの予報。久しぶりに剱を間近に見たくて、剱の展望台へと出かけることにした。

朝の冷え込みは今季一番、車止めでの外気温は4度。夏用の服装で来たことを後悔。久しぶりの山なので、着るものまでは気が回らなかった。登るにつれて体はだんだん温まって来て、ちょうどよい具合になってきた。ただ、夏用の生地の薄いパンツだと少しスースーするような気がする。そのぶん汗もあまりかかなくてよかったのかもしれない。

1264までの急登。紅葉は1000くらいまでで終わり。あとは枯れ葉となった木々の間を抜ける。1264から山頂までは傾斜も緩むが、けっこう長い。昨年は雪がくるぶし位あったが、今年は雪はまったくない。

山頂までノンストップ。心臓の暴走に脅えながらの山歩きがここ数年続いているが、不整脈対策にはこれが一番のようだ。つらくても大休止せず、水もガブのみせず、好調な時はそのリズムを崩さないようにする。それでも、不整脈が出るときは出る。今回はたまたま心臓の機嫌がよかったのかもしれない。

ド快晴のもと、雲一つない青空をバックに、岩肌にちょっとだけ雪を纏った剱は迫力満点。十二分にエネルギーを体に取り込んで、下山にかかった。しかし、剱を前に見ながらいいかげんに歩いていると、いつのまにかコット谷へと向かう流水溝を下っていた。落ち葉が積もった踏み跡らしきものを追っているうちに登山道からそれてしまっていたのだ。変だなとは思いつつも、しばらく下って、やっぱり怪しいと思い、地図で方向を確認して、登山道のある尾根へと藪を漕いで這いあがった。

登り2時間20分(去年より10分遅れ)、下り2時間30分

印刷用ページ このニュースを友達に送る