はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山旅 : かみさんと弥陀ヶ原散策 2016/9/30
投稿者: hangontan 投稿日時: 2016-10-6 5:40:03 (190 ヒット)

かみさんと室堂から弥陀ヶ原まで歩いてきた。台風と秋雨前線の接近で、おそらく弥陀ヶ原付近の紅葉が見られるのはこれが最後と思われるほどの上天気。室堂から天狗平までの道は周辺の山々や弥陀ヶ原の様子がよ〜く見渡せる。とりわけ奥大日から大日への稜線が雄大に映る。そして剱岳が顔を出し始めると、ついついそちらの方へと目がいってしまう。ピラミダスな剱の雄姿と手前の奥大日から大日のたおやかな稜線との対比がすばらしい。青空と秋の雲、そして剱や周辺の山々を見ながら歩くこの道は百万ドルの価値がある。
しかし、大いに期待して向かった弥陀ヶ原の紅葉は全くの外れだった。カエデなどの広葉樹はすべて総枯れており、かろうじてナナカマドの赤が残っているくらい。毎年来ている人の話を聞くと。ここ数年で最低の出来、だという。弥陀ヶ原の紅葉を楽しみに来ただけに残念至極。
ふと称名川を挟んでやや標高の低い大日平に目をやると、弥陀ヶ原よりは色付きが良いようだ。もしかしたら、標高の低いところでの紅葉は期待できるかもしれない。
久しぶりにかみさんと山を語りながらゆっくりと過ごせたトレッキングだった


























印刷用ページ このニュースを友達に送る