はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「徳川家康」全26巻 山岡荘八 著 ★★★★★ 講談社
投稿者: hangontan 投稿日時: 2018-8-5 10:39:02 (27 ヒット)

30年以上経ってからの読み返し。脚を痛めてから何も出来ない辛い日々が続くなか、ちょうど三カ月かかって読了。

注意一秒怪我一生、とはよくいったものだ。一瞬の出来事が自分の今後の人生、生き方にこんなにも影響を与えるものだとは思ってもみなかった。階段の上り下りはもとより体重をかけることすらままならない、どうしようもない膝をかかえてやれることは限られる。山と半生を共にしてきた身にとってはとてつもなく辛い状況にある今の自分。半年後、一年後には飛んだり跳ねたりする可能性も無きにしも非ずなのだが、そんな兆候が全く見えない現時点では、ただただ悲壮感にさいなまれるばかり。お先真っ暗というのが正直なところ。

そんな折、できるのはただ本読みのみ、と手に取ったがこの作品。他にやることないので、けっこう集中して読めた。最初に読んだのが30年以上も前だから、内容は全く覚えていない。だから、一巻一巻読み進むのがとても楽しかった。家康ばかりではなく、信長、秀吉や他の戦国武将の物語ももれなく描かれている。家康を語るには、彼と同時代に生きた人々や出来事についても触れておく必要があり、全26巻は必然であったと納得した。

印刷用ページ このニュースを友達に送る