はんごんたん処方箋

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「書楼弔堂 破暁」京極夏彦 著 ★★★ 集英社
投稿者: hangontan 投稿日時: 2019-11-16 10:49:47 (73 ヒット)

憑き物落とし「京極堂」に代わって、本を供養する「弔堂」が心の窓を開けてくれる。『世の中に無駄な本など一つもない、無駄にする人間がいるだけだ』なるほど、うまいことを言う。人、一人ひとりに見合った一冊の本があるのだという。その一冊を「弔堂」が探してくれる。その本は出合ったその人によって価値が見いだされる。弔堂に言わせれば、本が成仏する、ということになる。しかし、それは逆で、悩み彷徨える人間がその本によって一筋の光を見出す、あるいは選択の道標と為す、そういうことではあるまいか。
短編の集合体の形をとっているが、それぞれに登場する人物が後の物語へと引き継がれて行き、伏線となっていく。それがこの作品に厚みを与えている。京極堂のような破壊的な理屈回しではなく、じわっとくる説教が持ち味なので、通快感は薄い。作者も年月を経て、作品にも人間性に於いても丸みが出てきたのかもしれない。

印刷用ページ このニュースを友達に送る