はんごんたん処方箋

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
山旅 : 八郎坂
投稿者: hangontan 投稿日時: 2010-7-18 18:29:53 (790 ヒット)



所用のため富山に帰ってきたら、もうすっかり夏。きっぱりと梅雨が明けていた。これだけすっきりとした、いさぎよい梅雨明けもめずらしいのでは。そんな気分にのって、カミサンと山に出かけることに。室堂付近は今は花が見ごろと、立山駅まで車を走らせた。だがしかし、駅に着いてびっくり。駐車場はどこも満杯。お盆の時でさえ、裏にまわれば数台は止めるところが残っているのに、そこも満杯。手前の河川敷も隙間がないくらい車で埋まっている。道路や駅周辺はケーブルに向かう人でごったがえしていた。そんな状態に嫌気がさして、称名の滝へと向かった。7月初旬に牛首直下で土砂崩れが発生したため、大日への登山道は寸断されているとのこと。このタイミングにして、この災難。二軒の山小屋のことを思うと、気の毒でならない。雪解け早々から登山道を整備して、それも、地道な人海戦術で、この時期に備えてきたのに。残念でたまらないだろう。一刻も早く登山道が整備されることを祈るばかりである。さて、我々は八郎坂を行く。楽しみは、弘法からの木道歩き。予想していた通り、梅雨明け直後の草原はさわやかな乾いた風が通っていた。湿原の花たちも、派手さはないが、それぞれ存在を主張している。それを感じられただけでも、ここに来た甲斐があったというもの。結局水切れとなって、追分から引き返してきた。それなりに楽しい山行であった。

印刷用ページ このニュースを友達に送る