はんごんたん処方箋

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
過去ログ : 秋の日の錫杖 3ルンゼ・1ルンゼ・左方カンテ1999/10/9-11
投稿者: hangontan 投稿日時: 2013-10-1 5:41:12 (541 ヒット)
















この日は大阪からバスで乗り付けた団体さんが入っており、錫杖沢出合い付近はさながらテント村のように賑わっていた。クリヤ谷だけでなく錫杖沢を登ったところまで、張れそうなところは全てテントで埋め尽くされていた。我々は5人で入山、なんとかクリヤ谷に幕場を見いだし、さんざん土木工事して、ようやく6人用テントを張ることができた。

3ルンゼに入ると、すでに3,4組が取り付いており、我々は最後尾。最終ピッチ近くになって、時間切れも迫ってきたので変則登攀をすることにした。右壁をへつり気味にして登っていくピッチだが、先行パーティーは皆アブミの架け替えで登っている。登山教室の実践登攀らしいのだが、これではらちが行くもはずもない。ただ、先行者は皆、登り切ってから裏側に下降路をとってくれたので助かった。

さて、ようやく我々の番。まず小生がワンポイントA0で右壁を乗っし、フリーで壁をへつってビレイ点に。セカンドはバックロープを引いて登ってから後続を確保する。そうすることが一番安全で時間短縮になると考えた。

なんとか終了点まで来て、我々は裏側にはまわらずに、懸垂下降に移った。初級者がパーティーにいる場合、通常はその者を間に挟んで下降する。しかし、今回落石の危険性を考慮して、初級者を先に降ろして、万が一その者に落石が当たったらまずいなぁ、と思い、初級者を一番最後にした。ところが、先に懸垂下降してビレイ点でそいつを待っていたら、ロープに岩を絡ませたのか、足で蹴ったのか、ソフトボール大の石がブーンという音とともに降ってきた。岩にへばりついて、直撃を避けたと思った次の瞬間、踏ん張っていた小生の右足ふくらはぎに当たった。悪い予感が的中してしまったわけだが、初めて錫杖に連れてきた初級者への事故でなくてよかった、と本当にそう思った。

翌日は1ルンゼ。しかし、長時間を要したが同行者の技術上の問題もあって、4ピッチでリタイヤ。早々にテントに戻る。
最終日、左方カンテを5人、2パーティで登り切りって、3日間の登攀を終えた。

自分を岩の世界へと導いてくれた左方カンテ、そして幾度も通った左方カンテ。多くの仲間とロープを組んだ左方カンテ。登るたび、いろんな思い出を残してくれた左方カンテ。だが、いいかげん、左方カンテはもう卒業してもいい頃だろう。この日を最後に左方カンテはもう登らないと宣言した。

印刷用ページ このニュースを友達に送る