過去ログ : 爺ヶ岳東尾根 1991/12/28-30
投稿者: hangontan 投稿日時: 2013-11-22 20:31:11 (525 ヒット)

一日目 雪 1800mまで
富山駅発4時50分の「きたぐに」で糸魚川まで。そこから乗り継いで南小谷まで。そしてタクシーで鹿島部落まで入る。
人気ルートだけあって、すでにトレースはばっちり。と思ったが、いくらも行かないうちに先行者に追いつく。総勢30名くらいはいるだろうか。するとそこには深雪のラッセルが待っていた。雪は深いところで腰以上。他のパーティーと協力し合ってラッセルをするが、パーティーによって「ラッセル力」にかなり差がある。最後尾につくと体が冷えてきて寒さがこたえる。ラッセルしていた方がまだましだ。

二日目 雪 1950mまで
50名は超えると思われる人数で、ラッセル待ちが初日より長くなる。ところによって背丈以上の積雪。
12時頃、なんとか初日の予定地であった1950地点に達し、テントを設営した。

三日目 晴れ 爺ヶ岳アタック〜下山
下見で踏査していた鹿島槍〜赤岩尾根はあきらめ、爺ヶ岳までのアタックに切り替えた。
天候も回復し、願ってもないアタック日和。4時間で爺ヶ岳に達し、360度の展望を満喫して下山。
新雪、深雪の下りは最高に気持ちがいい。テン場からは、二日間かけて登ってきたところを2時間で降りてしまった。

同行者5名


印刷用ページ このニュースを友達に送る