はんごんたん処方箋

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
過去ログ : 南岳西尾根 2001/11/23-25
投稿者: hangontan 投稿日時: 2013-12-3 17:27:59 (429 ヒット)

年末に行くかもしれない下見を兼ねて槍平に入った。
天気も上々だし、槍まで足を延ばせるかもと期待して取り付いたが、わけあって稜線に出たところで引き返すことになった。結局南岳の頂上すら踏めなかった。

11/23
雪のついてない林道を行く。滝谷出合い付近から雪が少しずつ出始める。
目指す尾根が見えてくると、取り付きはどこかしら、とうかがいながら行く。尾根間近では赤布がちらほら見られる。槍平小屋脇には水が流れていて、ここから先には進まず、テン場とした。

11/24
雪が少し乗った夏道沿いに行く。核心部となるデルタ状岩壁を見極めるのが今回の偵察の目的でもあった。だが、それと思われる岩壁はさほどの物には見えなかった。尾根自体、両脇からの谷がせり上がってきていて、高度感はあまりない。サイコロ岩付近の細尾根で2、3ピッチザイルを出す。以後ノーザイルで小屋の脇まで。冬季小屋の入り口を確認して下山に着いた。

11/25
何事もなく下山



印刷用ページ このニュースを友達に送る