過去ログ : 北鎌尾根・敗退 1986/12/30-1/1
投稿者: hangontan 投稿日時: 2013-12-26 18:35:41 (541 ヒット)

山を始めてから三年目の冬、憧れの北鎌がやってきた。10月の偵察もこなし、準備万端で臨んだ山行だった。だが、しかし山はやってみなければわからない。予期せぬアクシデントもあったが、結局、山の怖さに負けて帰ってきた。

初日、千天出合いからはやっぱりいやらしかった。『引き返すとしたらもっとヤダな』などと思いながら天上沢左岸のヘツリを繰り返す。予定通り、偵察時と同じくP2への尾根に取り付く。P2にさしかかる肩でテンばる。

二日目、モーレツな風のためP4手前で停止。やっとのこと張り上げたテントだったが、ポールが折れてしまった。

三日目、風はいく分か弱くなり、晴れ間も出てきそうな気配。だが、これから先の長丁場、ポールの折れたテントで耐えられるかどうか不安であった。引き返すなら、この天候の回復時を捉えるべきだ。と、後ろ向きに考え、下山を決めた。皮肉なもので、高瀬ダムまで来るとすっかりよい天気になっていた。

北鎌尾根・偵察 1986/10/10-12







印刷用ページ このニュースを友達に送る