はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )
  • こんばんは〜、はじめまして、はんごんたんさん。プロフィール欄がないので、いったいあなたが、どういう方なのかわかりません。 ぼくは、1948年生まれで、4年間、富山大学の薬学部に在籍していました。その間、薬学部の山岳同好会に在籍もしていました。いまも藪山登りをしていて、 3,4年前まで山中に限って、たまに心臓に異常をきたしていました。偶然、この楽しいブログに出会いました。内容もさることながら、文章もしっかりしていて、すばらしいブログだと思い、ここに投稿させていただきました。 ( float cloud - 2016.05.13 20:53 )
  • 337さんいつもどうも。歳をとるにつれて、自分の山も変わってきました。のんびり歩いていると、今まで見えなかったものが、見えてきたりします。楽しみが増えたように思います。 ( panawang - 2015.06.17 05:28 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「Q」 ルーサー・ブリセット 著 ★★★ 東京創元社
投稿者: hangontan 投稿日時: 2014-8-21 18:06:57 (275 ヒット)

訳者あとがきによると・・・
『小説刊行から遡って1994年、イタリアのアーティストや活動家や悪戯好きが集まり、ひとつのプロジェクトを起動させた。誰でも自由に参加できて、決まりごとはたったひとつだけ。各人が作ったものをルーサー・ブリセットの名前で発表すること。・・・やがて主旨に賛同する人々の輪は各国にひろがって参加者は百名を超え、そして当初の予定通り、五年後にプロジェクトは幕を閉じる。その締めくくりとして発表されたのがこの小説だ』

舞台はローマカトリック教会の腐敗が進んだ16世紀の欧州。宗教改革と農民戦争の渦中にあったドイツから話は始まる。宗教改革で有名なルターが冒頭に登場する。私の知っているルターは教科書で出てきた「改革者ルター」であり、通り一遍の知識しかなく、彼が宗教改革の引き金になった、ということぐらい。本作品ではそのルターを脇に置いといて、下層市民と農民の闘争と権力者と宗教者の闘いを泥臭く描かれている。

最初、時系列が行ったり来たりするので相当理解に苦しむ。だから、読み返しが何度も必要になる。そのうちそれが中盤になるとだんだん話も見えて来て、物語の行く先に興味がわいてくる。

難解といえば難解な作品。16世紀の欧州についての素地がまったく無ければ眠たくなる作品だと思う。何回も何回もうとうとしながら、やっとのことで読み終えた。

印刷用ページ このニュースを友達に送る