はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )
  • こんばんは〜、はじめまして、はんごんたんさん。プロフィール欄がないので、いったいあなたが、どういう方なのかわかりません。 ぼくは、1948年生まれで、4年間、富山大学の薬学部に在籍していました。その間、薬学部の山岳同好会に在籍もしていました。いまも藪山登りをしていて、 3,4年前まで山中に限って、たまに心臓に異常をきたしていました。偶然、この楽しいブログに出会いました。内容もさることながら、文章もしっかりしていて、すばらしいブログだと思い、ここに投稿させていただきました。 ( float cloud - 2016.05.13 20:53 )
  • 337さんいつもどうも。歳をとるにつれて、自分の山も変わってきました。のんびり歩いていると、今まで見えなかったものが、見えてきたりします。楽しみが増えたように思います。 ( panawang - 2015.06.17 05:28 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「テロリストの回廊」上・下 トム・クランシー&ピーター・テレップ 著 ★★ 新潮文庫
投稿者: hangontan 投稿日時: 2015-4-13 18:00:48 (265 ヒット)

メキシコの麻薬シンジケートとパキスタンのテロリストの思惑が一致し、手を結ぶ。アメリカのタスク・フォースがそれに立ち向かう。しかし、それぞれの物語を構築しながら随所で絡ませていき、一つの物語に仕上げるのに苦労している。

いずれのテーマもこれまで作者が描いてきて得意分野のはずなのだが、しっくりと来ない。まず、主役の書き込みが安易で定格的。ジャック・ライアンシリーズでおなじみのクラーク、ジョーンズィー、シャベスといった主役も張れる脇役がいない。それらしき人物は登場するのだが印象が薄い。メキシコの麻薬シンジケートの内情も描写不足。ドン・ウインズロウの「犬の力」を読んでいればその差歴然。テロリストの悪だくみも陳腐で迫力に欠ける。

作者に期待するのは、スリルと臨場感のある大活劇と感情移入できる人物描写。そのいずれもこの作品からは見えてこなかった。

印刷用ページ このニュースを友達に送る