はんごんたん処方箋

富山オリジナル  パナワン

富山オリジナル  エッセン

足跡掲示板

  • センダ様、発作時の辛さよくわかります。アブレーション技術は目まぐるしく進歩しています。そろそろ自分もと思うのですが、ななかな踏ん切りがつきません。なにせ、なんともないとこきはすこぶる快調なのですから。お大事になさってください。 ( panawang - 2018.09.27 17:45 )
  • 私も心臓の具合悪いです、疲れると(ストレス、暑い夏)心臓が悲鳴を上げます、不整脈と息苦しさ、胸の違和感を感じます。 ( センダカツミ - 2018.09.16 10:08 )
  • Repuさん、ありがとうございます。おかげさまで、発作は収まりまして、軽快に過ごしています。ただ、寝てばかりいたせいか、筋肉がすっかり落ちてしまい、目下復調に向け励んでいます。また、雑穀でお会いしましょう。 ( panawang - 2017.06.16 17:39 )
  • 救急搬送され、その後の経過はいかがでしょうか?決して無理されませんように。 いつも美しい写真、楽しませていただき、ありがとうございます! ( Repu - 2017.06.15 21:59 )
  • float cloudさん、コメントありがとうございます。返事遅くなりました。すみません。過分なおほめを頂き、こそばゆいです。つたない文章ですが、書くことによって、自分の考えをまとめようと努めています。当HPに辿りついていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 ( panawang - 2016.05.15 19:44 )

1 2 3 4 ... 23 »


Help にゃ〜ん♪
本棚 : 「岳飛伝」 全17巻 北方健三 著 ★★★ 集英社
投稿者: hangontan 投稿日時: 2016-7-12 11:23:00 (181 ヒット)

ようやく終わった、というのが素直な感想。よくもまぁ、ここまで引き延ばしてきたものだ。

「水滸伝」「楊令伝」から比べると物語のメリハリに欠けるし、主人公の岳飛にしても、「水滸伝」「楊令伝」に登場する英傑と比べても、さほど魅力ある武将として描かれているわけでもない。「水滸伝」「楊令伝」から引き継いだ遺産と呼ぶべき数々の人間模様と岳飛の生きた時代背景のみがこの作品を支えてきたような気がする。

半ば自分に課したノルマのように17巻まで読み続けてきたが、これで一つ喉のつかえが取れた。と同時に、心のどこかにぽかんと穴が開いたという気もしないでもない。おもいっきり静かな幕切れがよかった点かな。

「岳飛伝」には二度目はないが、手に汗握り本を閉じ、今か今かと次巻を待った「水滸伝」「楊令伝」はもしかしたらもう一度読む機会があるかもしれない。あの英傑らの活躍にもう一度胸躍らせてみたい。

印刷用ページ このニュースを友達に送る